Home > 未分類

木がかける人生を あなたに

チラシB5
とうほう あなたに木のかきかたをおしえます

子どものみなさま 大人のみなさま おとしよりのみなさま
この世の中には 絵をかいたことのない子ども
絵がへただ と かんちがいしているおとなが 多すぎます

しかたがないので こんかいは とくべつのとくべつに
木のかき方のひみつを おしえようと思います
これを知っているのと 知らないのとでは
人生がまるで変わります

なぜって 木がかけなかった人が
かける人に変わるんですから まるで別人です

木のかきかたについてのべんきょうも
れんしゅうも しっかりやりますから
きがるにきてください
ひやかしや とびいりも かんげいです
ほそい木 ふとい木 まがった木
じゆうじざいにえがけます

こうなれば じっさいには見たことのない
へんな木もかけます

へんな木なら
お話なんかも そうぞうできそう
だいいち へんな木ならうまくなくてもよさそう でしょう?

だれも見たことないんだから

へんな木がかけたら「へんな木」展を かいさいしましょう

木がかける人生を あなたに

さとうてつじ

場所:茨城県古河市中央町3丁目1番39号
お休み処 坂長
sakacho.com/access

日付:11月25日(土)と 26日(日)
時間:12時〜14時
費用:100円

なんと 家にある

ふで
絵の具
色えんぴつ
がよう紙
しんぶん紙など

ひとつでも持ってきたら
お金はいりません

Home > 未分類

Media Practice 15-16

Media Practice 15-16
東京藝術大学 大学院 映像研究科
メディア映像専攻 年次成果発表会

2016年
1月15日(金)
1月16日(土)
1月17日(日)
※1月15日(金)に、公開講評などのイベントと共に
レセプションを行う予定です。

修士課程1年次発表会
2016年 1月22日(金),1月23日(土),1月24日(日)
時間 11:00-19:00 ※入場は18:30まで
入場料 無料

今日からです!明日は13:30〜ゲストアーティスト(梅田哲也さん、志賀理江子さん、森弘治さん)による公開講評が行われます。フリーで入れます!よろしくどうぞ。
www.fm.geidai.ac.jp/media-practice/2016/

Home > 未分類

『年末感謝祭HAM2015!!!!! 』

てんせんめんおすすめダンサー宝栄美希さんの公演紹介です。
「なにがなんでもどうしても見に来てもらいたい公演↓↓」
とのこと!!!!!
「HAM=ふれあいまつり」笑

年末感謝際HAM2015!!!!!
☆CI部(宝栄美希・手代木花野)の主催公演です。
期日:2015年12月28日(月)15:00/19:00
場所:絵空箱(最寄駅:江戸川橋,神楽坂)
チケット料金:前売り2500円、当日3000円※1ドリンク付き◎

一年間の感謝の気持ちをこめて、
今年も最後までダンスと触れ合い楽しみましょう!
今回はHAM5周年記念、プレミアムver.です!
通年とは違った形でコンタクト・インプロを楽しんで頂きます!

出演:服部哲郎、鈴木清貴、酒井直之、杉山絵理、宝栄美希、手代木花野(未確定)
音:牛川紀政
当日制作:菅井一輝

内容
★コンタクト・インプロビゼーションによるパフォーマンス。(50~60min)
コンタクト・インプロの技術や要素を用いた即興パフォーマンス。個人の作品上演ではなく、音楽も全てLIVE。
ただし通常の即興セッションではなくコンタクト・インプロビゼーションのみでパフォーマンスします。
★出演者によるコンタクト・インプロビゼーションのワークショップ。(20~30min)
講師:CI部、服部哲郎(予定)

Home > 未分類

『2015.8.30-9.1』-TEF Vol.10 パフォーマンス

てんせんめんおすすめダンサー宝栄美希さんの公演紹介です。
「ぜひ見て聞いて欲しい、いろんなアートに興味がある方におすすめ公演↓↓一回きりの公演です!!!!」
とのこと!

宝栄美希×山田 岳「2015.8.30-9.1」-TEF Vol.10 パフォーマンス<公募プログラム>
期日: 2015年12月20日(日)15:00~
チケット料: 2,000円
会場: 両国門天ホール
アーティスト: 宝栄美希(ダンサー)、山田 岳(ギタリスト)
主催: 公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト

※ギターとダンスのセッションでは全くありません。
ダンスに伴われる音楽、あるいは音楽に付随したダンスといったような単なるコラボレーションではない、お互いのより個人的な私生活の表出をコンセプトとした音と体をめぐる新しい試み。個人的な空間(あるいはプライヴァシー)をキーワードとして、音楽や身体の振り付けはすべてその観点から着想を得ている。
www.tokyo-ws.org/archive/2015/09/tef10-p04.shtml