journal

「東京上級デート」にて放映

2013.04.19

「幽体離脱しちゃったみたい。」が

5/1(水)
深夜2:06~2:21
テレビ朝日
「東京上級デート」

にてギャラリー紹介の一環で一瞬だけ紹介されるかもしれません。
かなり深夜ですが、もし起きていた方はぜひご覧下さいませ。
www.tv-asahi.co.jp/tokyopreciousdating/

カテゴリ:未分類コメント(0)

シリーズ講座「みえちゃったみたい。」

2013.04.19

シリーズ講座「みえちゃったみたい。」を行います。第1回は表現を支える「技術」に焦点を当てて考えます。

[講座 1]
「テクノロジーとファンタジー~工学と芸術の融合」
安本 匡佑、人見麻紀、坂本洋一 他
司会:佐藤哲至
4月20日(土)
時間:18:00~20:00(受付 17:30~)※1階の展示は17時までとなります

一般:1回券 :1800 円/ 2回券 :3200 円/ 3回券 :4600 円/ 4回券 :6000 円
学生:1回券 :1300 円/ 2回券 :2400 円/ 3回券 :3400 円/ 4回券 :4200 円

今回の講座では展示作品や現代のゲームや広告を紹介しながら、表現における「技術」の役割について考えます。また技術が生み出すファンタジーとの関係についてもシンポジウム形式での議論を行います。

キーワード
技術はデジタルから認知、バイオへ
技術と技巧の違い
技術の「一般化」が「設計」を可能にする
プロセスが「見えない」ことの意味
ファンタジーに似たもの
芸術はファンタジーなのか?
空想を読み解く

カテゴリ:未分類コメント(0)

「幽体離脱しちゃったみたい。」ギャラリー

2013.04.15

カテゴリ:未分類コメント(0)

「幽体離脱しちゃったみたい。」開催中!

2013.04.14

4月13日(土)より企画展「幽体離脱しちゃったみたい。」が行われています。

出品作品は以下のようになっております。

1.「断続教室」ビデオインスタレーション
越田乃梨子
performer : Miwako Takano, Kaori Ito, Tomohiko Kyogoku
大きく投影された映像の前に椅子があります。映像の中では、教室で不思議な振る舞いをする女学生がいます。一見するとただの映像作品ですが、映像に近づいたり、椅子に腰掛けたりすると、映像の中に現在のあなたがいる事に気づくでしょう。頭上ではプロジェクタが2台設置され、2つの映像が重ね合わさっている事が見てとれます。

2.「お寺・ア・ラ・モード」映像
早瀬交宣(イムネ申)
●80年代CGを彷彿とさせる世界を船が悠然と移動しています。ノアの箱船にも似た船の上にはパフェのように積み上げられた神社仏閣の数々。キリスト教、仏教、神道といった様々な宗教的なモチーフのコラージュによって表現されるのは、そのどれでもない不思議なイメージの映像世界です。

3.「スナ☆ジェットプリンタ」ミクストメディア
佐藤哲至(イムネ申)
●砂をひとつひとつ撃ちながら曼荼羅のような図像を描くロボット。チベット仏教の修行として行われる砂曼荼羅からインスピレーションを得て制作されました。ホームセンターなどでおなじみの材料の寄せ集めで構成されたロボットです。1枚の絵を描くのに7時間ほどを要する姿はどこか思慮深くも見えます。※この作品は作家が在廊の場合のみ動かしています。

4.「ユッコの部屋」ミクストメディア
たけのこうしろう
●80年代の少女をテーマとした作家自身の漫画作品に登場するサブキャラクター『ユッコ』は神社の家の娘と言う設定です。今回はその『ユッコ』が住んでいる部屋を制作し、展示しています。80年代のモチーフがちりばめられた『ユッコ』の部屋は、世代によって、懐かしく感じたり、新しく感じたりする事でしょう。姿こそない『ユッコ』の気配を部屋をのぞき見る事で感じ取ってください。ギャラリーではオリジナルの漫画作品の販売もしています。

5.「HAPPY LAND」ミクストメディア
人見麻紀(ゲスト作家)
●近くにはHappyの形をしたメガネが置いてあり、何も映っていないディスプレイをのぞく事ができます。ハムが巻き付けられたロボットが風船で浮いていて、それぞれは機械的な通信を行って動作をしています。作家自身が「幸せな世界」と呼ぶ機械同士が通信する純粋性に人間が入る隙はありませんが、その世界を想像する事はできるかもしれません。

カテゴリ:未分類コメント(0)