早瀬交宣

【制作コンセプト】
地続きに見えるひとつの物語も実に細々した要素のつなぎ合わせで、何よりも、私たち自身が様々なかけらの集積である、という観点から、コラージュ技法を切り口にして、「ものの見えかた」や「時間」、「記憶」をテーマにした映像制作を行う。

【略歴】
1975 岐阜県生まれ
2006 武蔵野美術大学 造形学部視覚伝達デザイン学科 卒業
2006-2008 映像制作会社勤務
2008-2012 武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科研究室 助手 
2012- 武蔵野美術大学、東京工科大学非常勤講師

【展示・上映履歴】
2009 「複眼思考 – Looking through a compound eye -」 art space kimura ASK? (東京)
「AIAF(オーストラリア国際アニメーションフェスティバル)」 Forum 6 Cinema (Wagga Wagga、オーストラリア)
「MIAF(メルボルン国際アニメーションフェスティバル) ACMI (Melbourne、オーストラリア)
「SIAF(シドニー国際アニメーションフェスティバル) シドニー工科大学 (Sydney、オーストラリア)
「EKSJO ANIMATION FESTIVAL」エークシェー市内 (EKSJO、スウェーデン)
2010 「複眼思考 – Looking through a compound eye -」 art space kimura ASK? (東京)
2011 「池田山麓現代美術展2011―宇宙の連環として ①」極小美術館 (岐阜)
2012 「複眼思考 – Looking through a compound eye -」 art space kimura ASK? Pギャラリー(東京)
2012 「池田山麓現代美術展2012-象の檻」極小美術館 (岐阜)

miniascope mix